運営方針について

当園の運営方針をご紹介します。

①子どもの一人一人の個性や発達段階、家庭環境などを十分に理解して保育をします。

②保護者との情報共有を進んで行い、共に育児についての悩みや課題に真摯に向き合います。

③地域社会との交流や連携を図り、安全で安心した環境の中で運営を行います。

保育理念

当園の保育理念をご紹介します。

①心身ともに安心のできる空間と雰囲気を整備し、子どもの様々な欲求をみたすこと。

②生活に必要な基本的な週間を身につけること。

③友達の関係を通じて、協調性や社会性を身に付け、人の気持ちがわかる豊かな情緒を培うこと。

④自然や社会のことについて関心をもち豊かな発想ができる思考力をに身につけること。

⑤友達との交流のなかで相手の話を聞いたり、また相手に自分の気持ちを伝えたりと基本的なコミュニケーションの基礎を育むこと。

⑥様々な体験を通じて豊かな発想や創造性を培うこと。

⑦小さい成功体験を積み重ね自立心と自信をつけること。

⑧道徳心を養い、他人を思いやる気持ちを育むこと。

⑨集団生活を通じて譲り合いの気持ちや我慢する自制心を養うこと。

⑩命の大切さや自己の存在意義を感じさせ自尊心の基礎をつくること。

園長メッセージ

当園の保育理念をご紹介します。

三幸保育園 園長

岩瀬 かおり

園長の岩瀬です。「子どもたち」「保護者」「働く保育士」の【三つの幸せ】を創造したいと思い「三幸保育園」を開園する事となりました。当園では、家庭的な雰囲気創りと情緒の安定を考慮した保育を心掛け、保護者の皆様と育児の喜びを共有していきます。一人一人と向き合う保育担当制を採用し、友達との交流や集団生活の中で社会性を身に着け、友達とともに楽しさを分かちあい、また譲り合いや思いやりの気持ちをもった、心身ともに調和のとれた心を養っていければと思っています。園児は家庭と保育園と異なる生活をしていますので、バラバラな生活指導では園児は戸惑うだけです。保護者と連携・連絡を密にし「ありがとう」や「ごめんなさい」を素直に言えるような心の教育を保護者の皆様と協力しながら進めたいと考えています。私自身も出産や子育てを経験しています。自体験から働くお母さんの支援もしっかり行えるように、そして園名につけられた「三幸」の意味する幸せを実現させることを使命として取り組んで参ります。